愛すべき退屈な日々


by miura_ira
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

友人の写真展

6月19日 土曜日

友人の写真展に行ってきました。

a0111430_23764.jpg


モチーフについて
「人生に何があろうとも、ずっと変わらずに心の底にあり続ける何か。」
それを心の奥底の深海で戯れる1匹の子供のサカナのイメージで表現しています

今回の作品について
「わたしとはひとりの他者である」という詩人ランボーの言葉からイメージが広がりました
他者である自分や、他人との関係や距離感を、思いながらつくりました

上記はいただいたパンフレット「TOKYO LOCAL 3」より抜粋させていただきました。


深海でひとりきりで泳いでいるサカナも、
いつかめぐりあいたかった誰かとの邂逅があるのかもしれない、
とそんな希望をもてる作品でした。



阿佐ヶ谷のギャラリー香染美術
にて
[PR]
by miura_ira | 2010-06-29 02:24 | 日記、日常