愛すべき退屈な日々


by miura_ira
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

【パリ旅行】2010.9.23; 美しい町、マレを散歩

merciを出た後、ぶらぶらとマレ地区を散策。

a0111430_121067.jpg
美しいパリジェンヌにひとめ惚れ・・・背中がキレイ、足もキレイ、そして靴はルブタンでした♥

a0111430_123548.jpg

美しい町並みにうっとり・・・写真を撮っていると素敵なおじさまに声をかけられました。
アートが好きなら、私のギャラリーがすぐそこにあります、よかったらどうぞ。
と声をかけられ、のこのこついて行ってしまった私。これって危なくないか?
と一瞬よぎったものの、ほんとにギャラリーは目の前にあったのでまあ、大丈夫だろうと。

a0111430_1135293.jpg

Galerie Orem

鍵を開けてくれて、まだ開店前のギャラリーへ。
フランスの方は、フランス語が話せないというと、
英語が話せる方は英語で話してくれます。
(おばあちゃんとかは、英語できない方も多かったですが)

でも、せっかく英語で話してくれても、意思の疎通はむずかしい・・・
ちゃんと勉強してこなかった自分に、反省です。
画廊のおじさま、声をかけてくださってありがとうございます。
いい経験をさせてもらいました。

私はかなり警戒心の強いところがあって、
パリで声をかけて来る人はみんな私をだまそうとしているのだ!!
と旅行前には思っていたのですが、「そんな悪いところではないよ」
と3ヶ月程フランス滞在経験のある妹によくたしなめられました。

今回、私がパリで出逢った方たちは、みな親切でいい方ばかりでした。
これは、本当によかったです。でも今後ももちろん注意は怠りません。

a0111430_1163439.jpg

若者が多い通り。たしか、ここもRue Vieille du Templeではないかと・・・


2009年末にオープンした「LOSTMARC'H」 (ロスマール)という香りの専門店で
「DIN DAN」という香りの石けんを買いました。

LOSTMARC'H
111, rue Vielle du Temple 75003
METRO; Filles du Calvaire
営業時間; 11時~19時(火~土)、14時~19時(日・月)
休み; 5/1、12/25、1/1 夏季不定休 JCBカードOK(※)
(※2011年5月に再訪した時は、残念ながら利用不可となりました)

ここの香りはみんな素敵で、香りでも迷い、
また香水か石けんかでもとても迷いました。
(結局、香水は家にたくさんあるので、石けんにしました。)

a0111430_1474068.jpg
海辺をイメージした内装。とてもかわいくて店中いい香り・・・


a0111430_2154073.jpg


「LOSTMARCH」とは、ブルターニュ地方のCrozon半島にある小さな街の名前。
「DIN DAN」とは現地ブレイス語で木の下に茂る低木や草のことだそうです。
バーベナ、レモン、ミント、ピーチの香り。

ラッピングがとても素敵で、薄いピンクとウォームグレーの薄紙とポストカードに
石けんと同じ香りの香水を吹きかけ、貝殻をちらばせてくれました。

この石けん、本当にいい香り。
6.5€(100g)とそれほど高価でもなかったのに
ひとつしか買わなかったことを後悔しましたが
(最近なるべくモノを買わないように心がけているのです!!)
きっとそう遠くないいつか、また訪れると思います。

ロスマールのあるこの辺はたくさんのお店があって、若い方たちが多いです。
(マレは日曜日でもやっている店が多いと聞きます。)

a0111430_13526.jpg
2012年まで改装のため休館中だけど、ピカソ美術館へ行ってみよう。

a0111430_151332.jpg

ピカソ美術館(Musée Picasso)
5, rue de Thorigny 75003
休館中でもたくさんの方々が訪れています。
ここでピカソの作品を見られる日が来るのが楽しみ。



マレは古めかしい館(貴族の館?)がたくさんあって、
景観がすばらしく町並みを歩いているだけでハッピーです。

そして、細い道が入り組んでて、何時間も迷っていましたが、
迷うところ迷うところ、どこも素晴らしく、ますます迷ってしまい
もうどこへ行ってもいいやと思っていました。

(今回のパリ旅行で、一番気に入ったところはここマレ地区でした。)

a0111430_152992.jpg
開いている扉を見ると・・・。
a0111430_154246.jpg
ついつい扉の向こうが気になります。


a0111430_155946.jpg

いいところで見つかった、カルナヴァレ博物館(Musée Carnavalet)。
23, rue de Sévigné, 75003

ここも素敵でした。企画展以外は無料なので、気軽に入ることが出来ます。
トイレもあるので、マレ地区でのトイレはここを借りるといいかもしれません。
営業時間; 10:00~18:00(火~日) 休み; 月・祝

通りの向こうにはサン・ポール・サン・ルイ教会の荘厳な姿が見えます。
[PR]
by miura_ira | 2010-10-10 23:44 | 旅行