愛すべき退屈な日々


by miura_ira
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

蜜ん棒、断捨離セラピー

昨日会社の同僚に「蜜ん棒」というお菓子をいただきました。
a0111430_18384468.jpg

最近、フランス一色の私に日本にもおいしいお菓子があるんだよーと教えてくれたのです。大事に、ちょっとづつ食べようと思ったのだけど、とってもおいしくてすぐ食べきってしまいました。ありがとうございました!!

a0111430_18385644.jpg

それからあいかわももこさん著「断捨離セラピー」をお借りすることに。待ちきれなくて昨年本屋ですでに立ち読みで読了(笑)でもお借りしたのでじっくり読みたいと思います。この本はマンガなのですぐ読めて、おすすめです。

共感できる部分はたくさんあるのですが、その中でも印象的だったのはキッチン関連モノを捨てるくだり。以下引用させていただきます。

引き出しからはおしゃれなリネン類
使ってないカトラリーや めったに使わない食器類や調理器具
そう・・・これらが意味するものは・・・
「おしゃれでステキなキッチンで手の込んだ料理を作るやさしいママ」へのキョーレツな憧れです・・・
TVのCMでみかける キレイでおしゃれなキッチン&キュートなママ像の幻想(イメージ)が 私の中に刷り込まれていました
そう・・・わたしのキッチンは 夢と憧れと幻想に支配されていたのです・・・・・・
しかし夢と憧れと幻想じゃ お腹はいっぱいになりません
キッチンは家族のお腹を満たす所 「夢・憧れ・幻想」とともにすべて断捨離しました
じつはこれらのステキ雑貨は「結局それを使いこなせない自分」を責めるという形でプレッシャーにもなっていたのです
そういえば断捨離セミナーで「いつまでも諦めきれない夢が逆に自分を苦しめている」という話をききました
夢にも賞味期限があるのかもしれませんね・・・
というわけで大切なのは今!!この瞬間!!今の自分にできる事をすればいっか!!
時間がなくて凝った料理をつくれなくても、目玉焼きだっていいじゃないか!!すてきなサラダボウルに色とりどりの野菜に手の込んだドレッシングのかかったサラダじゃなくても、生野菜なら切って並べただけでもいいじゃないか!!
そう思ったらがぜん料理が楽しくなってきました
自分にできる所から一歩ずつ歩いていこうと思ってます
食卓を囲む家族みんなの笑顔があれば それがいちばんのごちそうですから
ちょっと惜しいのはシンプル料理を出すようになってからのほうが家族のウケがいいことです・・・
(自分の思いが先走りすぎて相手のニーズが見えてなかったといういい例)
料理は食べる人のために作るんですから
やましたひでこさん監修 あいかわももこさん著「断捨離セラピー」(39~42P抜粋)


私にとって「夢・憧れ・幻想」は何だろうか。自己分析は苦手なのでわかりません。でも今、心に決めていること、それは、これからはパリ旅行へ行くため、お金のかかる趣味とモノの増える趣味は持たない!!ということ。旅行・ヨガ・ピアノ・語学などモノが残るものではなく経験値(というのか?)があがるようなものを趣味にしていきたい(理想)。そして「シンプルに暮らすこと」は永遠の夢だなあ。


【昨日、今日の断捨離】

★写真のネガ・ポジフィルム(一部)。50本くらいはあったでしょうか。10年ほど焼き増ししていないので、今後もすることはないと思われるので処分。個人情報保護のため、はさみで細かく切ったので相当な時間がかかりました。録画したTVドラマを見ながら・・・10本くらいは見たかな。「想い出にかわるまで」懐かしすぎ。

★古くなったのも含めもうおそらく着ることのない下着類。ガーターベルト。ストッキング、網タイツなども黒のみ残し処分。

★使っていないハンカチ類(20枚くらいあり)は今から実家に帰り雑巾などで使うかお伺いしてから処分予定。
[PR]
by miura_ira | 2011-01-19 18:32 | 日記、日常