愛すべき退屈な日々


by miura_ira
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2011年 01月 ( 18 )   > この月の画像一覧

1月28日 フランスの人と吉祥寺で休日を過ごしました。

a0111430_15154492.jpg

会った時、プレゼントと言われフランスの人から和菓子をいただきました。フランス人にとっては当たり前かもしれませんが、こういうちょっとした気遣いが、とても嬉しいです、どうもありがとうございます!! とてもおいしくいただきました、ごちそうさまでした。

イルカッフェでランチをした後、井の頭公園へお散歩。英語なので理解できないこともたくさんありましたが、たくさんお話をしました。外国の人と私たち日本人では時間の流れが違うように感じることがあります。彼はワーキングホリデーで来ているので、今年の7月にフランスに帰るそうです。彼の故郷はパリから200km程南西にあるSaint-Jean-de-Monts。海と森が近くて、ゴルフとサーフィンとボートを毎日していたとのこと。なんと健康的なんだろう。とてもいいところだそうで機会があれば、行ってみたいと思いました。また、彼の職業はフランスではパティシエで、今はキュイジニエ(料理人)。もともと実家がレストランのようで、自分の仕事(料理)が大好きだからこれからも料理の仕事を続けたいって言ってました。「自分の仕事が好き」って自信を持ってそう言えるのってうらやましい。私は、仕事を好きとは言えないから・・・。なんか、いろんなことを考えさせられました。

井の頭公園はあまりにも寒かったので、暖かい場所に行こう、ということになり前回会った時に彼が行きたいと言っていたカラオケに行くことになりました。カラオケなんて前の職場の社長に連れて行かれてから行ってないので、10年ぶりくらい。今のカラオケがどうなってるかわからなかったのでちょっと楽しみでもありました。結構お客さんが入っているんですね。

外国の方とのカラオケは初めて。なんというか、おもしろい。音痴?というかメロディーにあっていないというか、ふざけているのではないんだろうけど、相当笑えました。彼は日本語は片言なので、英語の歌を。一緒に歌える歌は一緒に。The Doors「Light my fire」,Guns N' Roses「Sweet Child O' Mine」など。そして、彼がフランスの歌を発見!!!ポルナレフー
a0111430_151616.jpg

Michel Polnareff。あの有名な「トゥー・トゥー・プマシェリ、マシェリー」 の人です。「Tout, tout pour ma chérie」。もちろん、「Love me, Please love me」も歌ってもらいました。フランス語ってなんて素敵な響きなんだろう・・・うっとり(歌にではなくフランス語に 笑)。そして、フランスの人に歌ってもらえるとは夢のようです。

フランスの人と過ごす時間はとても楽しいのですが、英語で話さなければいけない、っていうストレスからかあまり食欲がなく、疲れることがあります。カラオケで帰ろうと思ったのですが、彼はアルコールが飲みたいから居酒屋へ行きたいと言うので、付き合うことに。そこで自分が英語がうまく話せないからいやだ、と話すと、「でも、今日は1日英語で話すことができたよ」って言ってくれて。確かに、そうなんですよね。メチャクチャな英語でも、たった1日ですがずっと英語で話していると、何かしら出てくるようになります。習うより慣れろなのかもしれませんね。それに、言葉がわからないから相手の言わんとすることを理解しようとする姿勢も、外人の方とだからあるのかもしれません。そして、iPhoneに度々助けられました。特に、英辞郎on the WEB(私はiPhoneのアプリを使用)は使いまくりで、非常に助かっています。

映画の話になり、驚いたのは彼がいちばん好きな映画を私も好きだったこと。「Les Valseuses」(バルスーズ)1974年のフランス映画ですが、私はこの映画を見たのはリバイバルされた1995年でした。10歳以上も年下の彼と同じ映画が好きというのはちょっと嬉しかったです。いつ見たのか聞いたのに忘れてしまった・・・たしか15年前って言ってたのかな、でもフランスの人は成熟している方が多いと聞きますからねー。
a0111430_15161420.jpg
PCのスペックが上がってからは、DVDを買うことはまずないですが、この映画は大好きで当時DVDを買いました。他、パンフレットも、サウンドトラックも持っています。
a0111430_15162280.jpg

当時のチラシもあった(笑)人におすすめできる映画ではないけど、個人的にはとても好きな作品です。特に、音楽が素晴らしい。もうだいぶ見ていないので、久しぶりに見てみようと思います。

あと感じたことは、断捨離ができているということ。いつも同じ服だし(でもとてもシンプルで素敵)お財布(?)も、ボロボロ。物持ちがいい、というか物に執着していない。あまりにも物があふれている日本の消費文化が恥ずかしい。フランス人に出会って、ますます断捨離熱が高まることになりました。
※物にはお金はかけないけど、飲食代・交際費は惜しまないようです。

あとこんなことも言っていました。日本人はお金を欲しがるけど、フランス人はそうではない、と。(もちろん、全てのフランス人が、ということではないとは思いますが)でも、東京(日本)で生きていくにはお金がかかるんだよ、って言ったら「そうだね、それはわかる」って言ってました。でも彼の言っていることもわかります。私も、お金がなくても楽しめる、お金がなくても生きていける人(=お金がなくても平気と思える人)になりたいと思います。実際、私もなるべく買わない習慣を心がけていて、1月は今日で終わるけど、今月は食事・交際費・食材・贈り物などマストなもの以外の出費をしなかったです。すごい!!今後も続けていければいいけど・・・

それにしても、日本で縁があってフランスの方に出会い、フランスの文化や風習に触れることができ、本当によかったと思います。
[PR]
by miura_ira | 2011-01-31 17:44 | 日記、日常

1.21; medewo&dine

a0111430_14523433.jpg

仕事帰りmedewo&dineにて、友人と楽しいひととき。でも、体調が悪くてコーヒーもワインも飲む気がしない。最近食欲もなくて、ここでの食事(ロコモコ)も半分以上残してしまった。最近、仕事もプライベートも忙しくてちょっとお疲れ気味。一ヶ月くらいバカンスに行きたい気分、って日本じゃ無理だけどさ。長い休暇の取れる国に生まれたかった・・・。
[PR]
by miura_ira | 2011-01-29 14:55 | 日記、日常

1.20; ふたつの再会

1月20日木曜日

a0111430_2213652.jpg


数年ぶりの友人と再会。3人で下北沢のイタリアンレストランでランチ。

(席に着いた瞬間、一週間前に出逢ったフランス人の方よりメールが。今までは私のつたない英語でのやり取りでしたが、この日は英語が堪能な友人の力を拝借して、ネイティブっぽい(笑)メールをやりとりすることができました。)

友人とはつもる話がありすぎて、レストラン⇒カフェに移動。でもあっというまに時間が過ぎていきました。立場はちがうけど、それぞれの悩みを抱え、毎日をちゃんと生きている友人の話をきいて、たくさんの気づきをいただきました。ありがとうね。また近いうちに会いたいです。

*  *  *  *

夜は、吉祥寺。一週間前に下北沢のフレンチ・ビストロ、トロカデロで出逢ったフランス人の方と食事へ行きました。中学英語もろくに話せない私が、どうなることかと不安要素が大きかったのですが、会ってしまえば意外となんとかなるもの。日本人といる時よりラクなのはなぜ?言葉があまり通じないからか?それともフランス人の国民性からくるのか・・・言葉は片言でも不思議なことにとても気があう感じ。フランス語をいくつか教えていただきましたが、発音がすっごくいい!!(って母国語だから当たり前 笑)甘く、穏やかで、優しい時間。それでいて楽しく、とってもいい時間を過ごすことができました。あっという間に時間が過ぎ、2軒目も誘ってくださったのですが、私は翌日早番シフトだったため残念ながら帰ることに。またお会いできるのを楽しみにしています。Au revoir, á bientôt !


【この日(1/20)の断捨離】

昔集めていたシール。ほとんどが未使用で数十枚。捨てるのはもったいないと思っていたところ、友人が引き取ってくれることに。もらってくれてありがとうね。
[PR]
by miura_ira | 2011-01-29 02:12 | 日記、日常

まだ、きれい

a0111430_1393316.jpg


父からもらった花・・・もう40日経過したのに、まだきれい。少しだけ枯れてきたけど、それが色気となっていい感じに。これ以上枯れそうな気配がないのだけど、このままドライフラワー化されるのだろうか。

父の風邪が早くなおりますように。
[PR]
by miura_ira | 2011-01-29 01:33 | 日記、日常

1.13ポーラ美術館

a0111430_183972.jpg
a0111430_185097.jpg
a0111430_19529.jpg
a0111430_19157.jpg
a0111430_192511.jpg
a0111430_193436.jpg

ポーラ美術館
http://www.polamuseum.or.jp/

建築に惹かれたので行ってみたかった美術館。とにかく白い美術館です(いい表現が浮かばない 苦笑)。アンリ・ルソーの「パリの空の下で」が開催されていました。パリ旅行から帰ってきてからというもの、フランスに関連したものにとても縁があります。こちらの美術館、作品ももちろん素敵なのですが、白が大好きな私にとっては夢のような空間。なんといっても建築は一見の価値ありです。

a0111430_194578.jpg

EOS 5D Mark IIで写真を撮影しているのは、私の友人、フォトグラファーの彼女の写真はとても素敵。
[PR]
by miura_ira | 2011-01-29 01:07 | 旅行
a0111430_1152180.jpg
a0111430_1152926.jpg
a0111430_1153778.jpg
a0111430_1155721.jpg
a0111430_116563.jpg
a0111430_1161611.jpg
a0111430_1162693.jpg
a0111430_1163648.jpg
a0111430_1164769.jpg
a0111430_1165745.jpg
a0111430_117131.jpg


箱根ガラスの森美術館
http://www.ciao3.com/top.htm
[PR]
by miura_ira | 2011-01-24 01:17 | 旅行
a0111430_426776.jpg
a0111430_4234319.jpg
a0111430_430223.jpg
a0111430_4233363.jpg

[PR]
by miura_ira | 2011-01-20 04:10 | 旅行
a0111430_4221342.jpg

[PR]
by miura_ira | 2011-01-20 03:28 | 旅行
1月12日 水曜日

友人のゆかりちゃんと箱根にあるフレンチのオーベルジュ漣へ行ってきました。
オリジナルURL; http://www.hakone-ren.com/
ぐるなびトラベルURL; http://y.gnavi.co.jp/106821/

箱根湯本駅から、湖尻・桃源台行バスに乗り「仙郷楼前」まで約25分ですが、山道だったためか、かなり酔いました。乗り物酔いなんて、小学生の時以来かも。
a0111430_294127.jpg
「仙郷楼前」の停留所から5分もしない内に道標が。そこから2分ほどでオーベルジュ漣に到着。
a0111430_2292690.jpg
a0111430_229445.jpg
外観は大きめな一軒家っぽいですが、右側に白×焦げ茶(私の好みの配色)の宿泊施設が。チェックイン時間の15時を少々すぎてチェックイン。オーナーと思われる方がとてもダンディで素敵な男性でした。今日の予約は私たちのほかには内湯のあるお部屋に泊まるカップル1組だけなので、おそらく温泉は貸切でしょうとのこと。わーい、平日で空いてて、ラッキー。

a0111430_1453561.jpg
部屋にはそれぞれハーブの名前がつけられていて、私たちは202号室の「Bergamot」というお部屋。いちばんリーズナブルなスタンダードツインタイプのお部屋です。今、ちょうどオープン5周年アニバーサリープランというキャンペーンをやっていて、2/28迄の平日(月~金曜日)限定料金で16,800円(通常料金)→15,750円(1名分)という料金で宿泊できます。(上記料金に別途サービス料10%・入湯税150円がかかります。それから、お食事の時の飲み物も別料金です。) くわしくはコチラ

a0111430_1454271.jpg
お部屋は快適そのもの!ベッドの高さが低くてとてもよく、シンプルでモダンなベッドルーム。ずっとこのお部屋にいたい・・・と思えるくらい快適で、施設内を散策する気にもならず、ずーっとお部屋でくつろいでいました。また、お部屋にあったCD「リラクシング」、これがすごくよくてずっと繰り返して聞いていました。こんなにリラックスできるとは。その名に恥じぬことのないCDでしたね。他に数枚あったけど、結局この一枚しか聞かなかった・・・
a0111430_145496.jpg
窓からの眺め。
a0111430_295455.jpg
お部屋に用意されていた自家製のお菓子。コーヒータイムにいただきましたが、さすがオーベルジュだけあって、お菓子もすごくおいしいです。
a0111430_2593417.jpg
お部屋での飲み物のリスト。ディナーの後、温泉に入ってからワインを飲むぞ~!!と、この時は飲む気満々だったのでした。
a0111430_3332286.jpg

ホテルのロビー。さて、いよいよディナーへ。
[PR]
by miura_ira | 2011-01-20 01:40 | 旅行

蜜ん棒、断捨離セラピー

昨日会社の同僚に「蜜ん棒」というお菓子をいただきました。
a0111430_18384468.jpg

最近、フランス一色の私に日本にもおいしいお菓子があるんだよーと教えてくれたのです。大事に、ちょっとづつ食べようと思ったのだけど、とってもおいしくてすぐ食べきってしまいました。ありがとうございました!!

a0111430_18385644.jpg

それからあいかわももこさん著「断捨離セラピー」をお借りすることに。待ちきれなくて昨年本屋ですでに立ち読みで読了(笑)でもお借りしたのでじっくり読みたいと思います。この本はマンガなのですぐ読めて、おすすめです。

共感できる部分はたくさんあるのですが、その中でも印象的だったのはキッチン関連モノを捨てるくだり。以下引用させていただきます。

引き出しからはおしゃれなリネン類
使ってないカトラリーや めったに使わない食器類や調理器具
そう・・・これらが意味するものは・・・
「おしゃれでステキなキッチンで手の込んだ料理を作るやさしいママ」へのキョーレツな憧れです・・・
TVのCMでみかける キレイでおしゃれなキッチン&キュートなママ像の幻想(イメージ)が 私の中に刷り込まれていました
そう・・・わたしのキッチンは 夢と憧れと幻想に支配されていたのです・・・・・・
しかし夢と憧れと幻想じゃ お腹はいっぱいになりません
キッチンは家族のお腹を満たす所 「夢・憧れ・幻想」とともにすべて断捨離しました
じつはこれらのステキ雑貨は「結局それを使いこなせない自分」を責めるという形でプレッシャーにもなっていたのです
そういえば断捨離セミナーで「いつまでも諦めきれない夢が逆に自分を苦しめている」という話をききました
夢にも賞味期限があるのかもしれませんね・・・
というわけで大切なのは今!!この瞬間!!今の自分にできる事をすればいっか!!
時間がなくて凝った料理をつくれなくても、目玉焼きだっていいじゃないか!!すてきなサラダボウルに色とりどりの野菜に手の込んだドレッシングのかかったサラダじゃなくても、生野菜なら切って並べただけでもいいじゃないか!!
そう思ったらがぜん料理が楽しくなってきました
自分にできる所から一歩ずつ歩いていこうと思ってます
食卓を囲む家族みんなの笑顔があれば それがいちばんのごちそうですから
ちょっと惜しいのはシンプル料理を出すようになってからのほうが家族のウケがいいことです・・・
(自分の思いが先走りすぎて相手のニーズが見えてなかったといういい例)
料理は食べる人のために作るんですから
やましたひでこさん監修 あいかわももこさん著「断捨離セラピー」(39~42P抜粋)


私にとって「夢・憧れ・幻想」は何だろうか。自己分析は苦手なのでわかりません。でも今、心に決めていること、それは、これからはパリ旅行へ行くため、お金のかかる趣味とモノの増える趣味は持たない!!ということ。旅行・ヨガ・ピアノ・語学などモノが残るものではなく経験値(というのか?)があがるようなものを趣味にしていきたい(理想)。そして「シンプルに暮らすこと」は永遠の夢だなあ。


【昨日、今日の断捨離】

★写真のネガ・ポジフィルム(一部)。50本くらいはあったでしょうか。10年ほど焼き増ししていないので、今後もすることはないと思われるので処分。個人情報保護のため、はさみで細かく切ったので相当な時間がかかりました。録画したTVドラマを見ながら・・・10本くらいは見たかな。「想い出にかわるまで」懐かしすぎ。

★古くなったのも含めもうおそらく着ることのない下着類。ガーターベルト。ストッキング、網タイツなども黒のみ残し処分。

★使っていないハンカチ類(20枚くらいあり)は今から実家に帰り雑巾などで使うかお伺いしてから処分予定。
[PR]
by miura_ira | 2011-01-19 18:32 | 日記、日常