愛すべき退屈な日々


by miura_ira
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

告白

6月28日 月曜日

友人からの思いがけないプレゼント。
是非私に見て欲しいからと
昼間の映画館のど真ん中の席を予約してくれてて感激。

a0111430_3114738.jpg


「告白」(2010・日)、新宿バルト9にて。

友人の計らいでここにくるまでに何の映画かも聞かされていなかったし、
普段から、映画の前情報やトレーラーはあえて見ないようにしているのがよかった。
(だって、日本の予告はなぜかほとんどネタバレ・・・)

この映画、見事に私のツボにはまってしまった。

普通なら、ベターっとしがちな教室の風景も、
低彩度、スローモーション、音響(音楽)の効果によって
ものすごく印象的で、いつまでも心に残る。
これが監督、中島哲也さんの描く世界。さすが。

残念なのは、R-15+指定なこと。
中学生の彼らにこそ、見て欲しいのに。

私にとってこの映画は「マルホランドドライブ」以来の衝撃でした。
(友人は「リリイ・シュシュのすべて」以来だと・・・)

友人に、感謝。
[PR]
by miura_ira | 2010-07-09 02:50 | 映画

さよならみどりちゃん

6月25日 金曜日

友人が私のアパートに泊まりに来ました。お土産に、
映画「さよならみどりちゃん」(2004/日)のDVDを借りてきてくれて、ふたりで鑑賞。




最近、第二次西島秀俊さんブームが再来していて、
彼の映画を見まくっています。

西島秀俊さんの作品をはじめてちゃんと観たのは
もう10年ほど前になりますが、高橋マリ子さん目当てで観に行った
「世界の終わりという名の雑貨店」(2001/日)という映画だったと思います。

落ち着いてて、素朴で素敵だなあというのが第一印象でしたが、
その後、悪役をやっても結構はまるのね、とも。

西島さんは知的で端正な顔立ちに、少しだらしなさもあって、
大人の色気を感じさせます。でもって笑顔は最高に可愛いのでずるい。
抑揚がないと言われている話し方や声も好き。

さて、今回のみどりちゃんは、今までの西島さんのイメージと
ものすごくギャップがあって、私は好きです。
あと、どこか松山ケンイチさんに似ているなあと思い、
やっぱり自分の好きなタイプなんだなあと再確認しました。

星野真理さんも、とてもよかったのですが、
何も脱がなくてもよかったのでは、と思いました。

それにしても・・・
女性はどうして、こういうダメ男にはまってしまうのだろう。
最低な奴だけど、なぜか憎めないユタカ。
・・・「ただし西島秀俊さんに限る」なんでしょうね。
[PR]
by miura_ira | 2010-07-03 00:59 | 映画

百万円と苦虫女

映画「百万円と苦虫女」(2008/日)を見ました。

蒼井優さんが演じる主人公の鈴子が
ひょんなことから前科持ちになってしまい、
実家を離れて各地を転々としながら生活していくお話です。

地味かも知れませんが、
見た後、あたたかい気持ちになる好きなタイプの映画でした。

また、なんといっても蒼井優さんがとても魅力的です。
映画の中で、彼女を「ホワイティ」と言っていた
男子がいましたが、まさにそんな感じ。
こういう儚げな雰囲気の女性は、とても憧れます。


ところで。


「百万円貯まったら出て行きます。」


って、そんなに早く百万円って貯まるもの?
まあ、映画だからねってことでしょうか。
ひとり暮らしで、安月給の会社員で、百万円貯めるのはものすごく大変。
それとも、みなさん、百万円貯めるのって簡単なのかしら?


この主人公のように色んな場所で生活できるのは素敵だと思います。
私は保守的で、同じ場所に長く腰を据えたい方なので。


でも、旅行で行ってみたいところはたくさんあります。


先日、新婚旅行でパリへ行っていた友人が無事帰国。
パリは素晴らしく、またすぐ訪れたいそうです。


また別の友人が昨日からローマ、パリへ旅行へ行きました。


ヨーロッパは昔から憧れの場所、
ずっと行きたいとは思っているのですが、遠いし、高級。
行くならゆっくり行きたいし、なんて言ってたら
おばあちゃんになっちゃうかな。


百万円貯まったら、私はヨーロッパに行きたいです。
[PR]
by miura_ira | 2009-09-23 23:44 | 日記、日常
DMC/デトロイト・メタル・シティ」(2008/日)を見た。
いまさらって感じだけど、もう、この映画大好き!!
何度も見ちゃう。

渋谷系音楽を聴いてた頃が、懐かしいな。
オザケンのライブも。
[PR]
by miura_ira | 2009-06-28 23:44 | 映画

ハンサムスーツ

映画「ハンサムスーツ」(2008/日)を見た。

これ、すごく好きです。

ドランクドラゴンの塚地さんも谷原章介さんもとてもよくって、
楽しくて、ハッピー。何度見ても楽しめる。

それにしても、谷原章介さんはやっぱりとっても素敵なのでした。
[PR]
by miura_ira | 2009-06-21 23:44 | 映画

容疑者Xの献身

映画「容疑者Xの献身」(2008/日)を見た。

TVドラマ「ガリレオ」は一応全部見ていたけど、
超常現象を解き明かして事件を解決するという理系ものがやや苦手。
どっちかというと微妙な心理の推理もののほうが好きなので
あまり期待していなかったのだけど、友人が強く勧めるので見てみた。

TV版とは趣向が異なってて、映画版のほうが私にはとてもよかった。
四色定理のシーン、心に残ります。

東野圭吾さんの作品は、十数年前に読み漁っていましたが
最近のものは読んでいないので、また読んでみようかと思いました。
[PR]
by miura_ira | 2009-06-14 23:44 | 映画
映画「クローズZERO」(2007/日)と「手紙」(2006/日)を見た。

「クローズZERO」は、特に語ることなし。

「手紙」はよかったけど、きれいごとだなあと感じた。
現実はもっと厳しいかと思う。

そういえば、どっちも山田孝之さんがでていたな。
特に好きな俳優さんというわけではないけど、
暗い役がハマる俳優さんだなあと思った。
[PR]
by miura_ira | 2009-05-06 23:44 | 日記、日常

GW4日目

PCが故障してから3日目。

ネットがつながらないのって不便だけど、
他のことができるから結構いいかも。

先日全部見てしまったが、だらだらと「ギャルサー」を見る。


・・・でもやっぱりネットがないのは不便!

あれ、でもよくよく考えてみたらあと他に2台PCあるんだった。

1つはiBook G3 クラムシェル(グラファイト)Mac OS 9.2。
こっちはネットは無理。「まきがめ」「Bugdom」専用機。

もう1つはiBook 700 MHz Power PC G3 Mac OS 10.3.9。
こっちはネットにつなげられた。

でも、読み込みが遅い~。
そしてsafariはけっこう落ちる。

でもInternet Exploreはタブ機能がないのが
好きではないので、使うことはない。

safariでちょっとネットしてみたけど
時間がもったいないのでやめた。

いつのまにか眠ってしまい、4時間くらいお昼寝をしてしまった。

夜中近くに映画「ネガティブハッピー・チェインソーエッヂ」(2008/日)を見た。
もうすこしチェインソー男について描写してほしかったなあ。
主演の市原隼人さんは大好きな映画「虹の女神」にも出てて、
その役とちょっとかぶる。
ああいう、悩める少年の役がはまるんだよなー。
可愛い顔して、色気がある。

この季節になると岩井俊二さんの映画が見たくなる。

「リリイ・シュシュのすべて」。
精神的に今は無理だけど、もう少ししたら・・・また見ることができるかな。
[PR]
by miura_ira | 2009-05-06 01:44 | 日記、日常

チーム・バチスタの栄光

友人おすすめの映画「チーム・バチスタの栄光」(2008/日)を見てみました。
普通に面白かった。続編が見たい、早くDVDレンタルにならないかな。
[PR]
by miura_ira | 2009-04-12 23:59 | 映画

The Happening

ナイト・シャマラン監督の映画「ハプニング」(2008/米)を見ました。

彼の作品は賛否両論に分かれますが、
とりわけこの作品は評判が悪いみたいですね。
たしかに悪評が高いのもわかります。
あれじゃあね・・・。

しかし
この監督の作品を好き、というのは勇気が要りますが私は好きです。

映画を作る場合、ある程度人を納得させるオチを用意するのが普通なんだろうけど、
シャマラン監督はそういうことを求めていないというか、
その部分がズレているんだと思います。

彼の伝えたいことと世間が求めるオチにはズレがあって、
多分大多数の人はダメかもしれませんが、
そのズレにはまることが出来ればしめたもの。

そしてそのズレにはまってしまう私も
へんてこりんな人なんだろうなあと思います。

シャマラン監督の映画を見るといつも思うのですが
彼の人間としての暖かさを感じます。そして世間が注目しているのに、
世の反感を買うようなこんな映画を作ってしまう監督は勇気があると思います。
きっと、これからも彼の作品を見続けると思います。
[PR]
by miura_ira | 2009-04-12 14:20 | 映画